スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳癌体験者の語り

Category : *スタッフのつぶやき
先日、労災病院で乳癌体験者の語り
というイベントが行われました。

一部は小笠原先生が現在の乳癌治療の話を詳しくしてくださり
数年前とは違う部分があることに
驚きました。

こうして、現場の先生、医療関係の方々の話を聞く機会があることの
ありがたさと大切さを
改めて実感しました。

そして、体験者の話。
四人の方の話がありました。

一人目は
50代の女性で二度の癌で
大変な想いをしながら闘病していた方。
早期発見、早期治療の大切さを
お話をしてくださいました。


二人目の方は
ご主人の介護を優先し
自分の事を後回しにした結果
全摘手術をしたという方。
一人で悩まず、誰かに相談したり
甘えることをすべきだとお話してくださいました。

三人目は、私がお話させていただきました。
癌というすごい体験をしたからこそ
今を楽しく、今を生きることを大切にしたいという話をさせていただきました。

四人目は、お母様を癌で亡くした
お嬢さんのお話でした。
看病していた期間のことを中心に
癌患者の家族の立場をお話してくださいました。


たくさんの参加者が来場してくださり
正直驚きました。

もっともっと、こういう機会があれば
いいのになぁ。。。
と思いながら、私も一人の参加者として話を聞かせていただきました。




一人一人の辛さや苦しみは違うけど
だからこそ、一人で悩んだり
苦しんだりしてはだめだと思うのです。



でも、自分が癌患者であることは
伏せておきたい人たちの多いことに
改めて気づき
私がやりたいことがはたして
必要なのかどうか
ちょっと考えさせられました。

また、今は父が癌で闘病中ですが
癌患者の家族としての
悩みや苦しみの大きさや辛さが
こんなにも大変なことだとは
思ってもいませんでした。

正直、自分が癌と戦っていたときに
泣いた日より
はるかに今の方が泣く日が多いです。

毎回、父の病室へ行き
帰りには車の中で涙が溢れます。

何もできない自分の情けなさ
悔しさもあります。

がんばらなきゃ。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

プロフィール

ぼんすこ

Author:ぼんすこ
どんな立場の人でも
『がん』という病気に
向き合わなくては
いけなくなったとき、
少しでもお役にたつことが
できたら・・・


それが私たちの願いです。

ありがとうございます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。